NEWS プレジュールの最新情報をお届けします。

もっちりしっとり新食感ドーナッツ

今朝は雨が降っていましたが

9時頃には雨もやみ少し晴れ間も見える天気です。

ここ最近は梅雨の時期の様に

湿度の高い蒸し暑い天気です。

 

プレジュールのドーナツは

他のドーナツとはちょっと違います。

それはパン生地作ることで

その違いがでます。

パン生地は強力粉といい

タンパク質を多く含んだ小麦粉を主につかいます。

強力粉はもちもちとした食感や

甘みや歯ごたえのコシをなどを

作るグルテンを多く作り出します。

パン屋さんは強力粉のスペシャリストです。

小麦粉の特製で自由自在に

自分の思い描くパンの食感を作ります。

その技術でドーナツを作ったらどうなるか?

その好奇心からドーナツを作るようになりました。

卵ふんだんに使った生地で

マーガリン、ショートニングは不使用。

生クリームで代用。

もちろんイーストフード、生地改良剤、添加物、保存料は

一切使っていません。

更に自家製酵母入りで

しっかりとした食感で

ドーナツの中のベーグルのような

仕上がりになる様に作りました。

一つ一つ手作業で穴を抜いていきます。

ドーナツ専用のフライヤーで

揚げるとこのように2倍ぐらいに膨らみます。

途中でひっくり返して両面揚げます。

揚げムラのないように上げるときは

フライヤー内にあるドーナツを

一気に全て上げることができます。

もちろん入れる時も一気に入れる事ができます。

ドーナツは何故「リングのカタチ」をしているのか?

そんな疑問を持ってちょっとググってみました。

すると諸説あるよで

その中でも有力なのが

熱効率が良い形だそうです。

真ん中に穴を空けることで表面積が大きくなり

生地までの中心までの距離が均一になるからみたいです。

実際にリング状のドーナツと

穴の開いていないドーナツを揚げてみると

揚げ時間の差は約5倍も掛かりました。

しかもリング状のドーナツは揚げ時間が短い分

表面の生地の食感も非常にソフトで

口当たりがよく中もしっとりしています。

やはり先人の知恵は凄いと思う瞬間です。

昔の人は何もない時代だからこそ現状に満足せず

探求し続け、今があるのだと思います。

今は環境も情報も何でもあり現状に満足しやすく

なかなかドーナツのリングのような

発見をすることができないのかもしれません。

もしそれが出来れはドーナツのリングで作業が5分1に短縮

しかもハイクオリティー。

今のパン屋界にもまだまだ進化の余地は十分にありそうに感じます。

揚がったドーナツが粗熱も取れたら

チョコレートのプールのダイブです。

この時ドーナツが熱いとチョコレートコーティングの

厚みが薄くなってしまいます。

いい状態だとツヤツヤに輝いています。

ふっくらとしたドーナツに

たっぷりのチョコレート見るからに

美味しそうです。

仕上げにトッピンを振りかけて

チョコレートが固まれば完成です。

是非一度ドーナツの中のベーグルを味わってみてください。

700円以上お買い上げごとに

プレゼントしている

ポストカードです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ

Shop Info 当店のご案内

レ・プレジュール

[江端工場]

〒918-8016
福井県福井市江端町3-4-2

工場のご案内へ

江端工場