NEWS プレジュールの最新情報をお届けします。

良いパンはラスクにしても美味しい!

ラスクというと知らない人は居ないのではないか。

というぐらいラスクは世間に浸透しています。

それにはいろん理由があります。

保存に優れている。美味しい。飽きない味。

食べやすい。など

いろんな特徴のラスクがあります。

それにいろんな味のラスクがあります。

しかしパン屋としてはシンプルにパン本来の

味わいがするラスク食べて欲しいものです。

こちらは食パンを使ったラスク

「スティックラスク」を作っている様子です。

ラスクはまずマーガリンを塗ります。

その後にグラニュー糖をまぶしパンに絡めます。

これは手作業で行います。

焼く前の状態は非常にパンがもろく

人のでないとパンが崩れてしまいます。

それを天板にパン同士が重ならないように

一つ一つ丁寧に並べていきます。

ここまでの来るのにも大変な作業ですが

この天板に並べる作業も大変です。

ここでパン同士が重なると焼きムラでき

生焼けのラスクが混じってしまいます。

慎重かつ迅速に気の張る作業です。

いよいよ窯入れです。

ムラなく焼くために天板同士の間隔が

非常に大切です。

低温で約1時間焼いていきます。

余分油分は落ちてカリカリな状態では

しっかり乾燥焼きさせていきます。

焼き上がりです。

しっかり水分も飛んで

カリカリな状態です。

これはプレジュールでは1番人気ラスクの

「田舎パンラスク」です。

いつも紹介している

こだわりフランスパン生地で作った

ラスクです。

ラスクはもの凄く手間の掛かるからこそ

美味しく長く愛されているのかもしれません。

 

 

 

ページトップへ

Shop Info 当店のご案内

レ・プレジュール

[江端工場]

〒918-8016
福井県福井市江端町3-4-2

工場のご案内へ

江端工場