NEWS プレジュールの最新情報をお届けします。

バゲットでお家バル!

日本では食事パンと言えば

食パンやバターロールを思い浮かべると思います。

それらは朝食をイメージで

食パンをトーストしてマーガリンやバターを添えて

目玉焼きにベーコン、ソーセージ、サラダを

添えれば完璧な朝食ですね。

 

しかし近年ではインターネットで手軽に

料理の作り方を調べることができ

食事パンもそれに伴い多様化してきています。

それでバゲットは食事パンとして

受け入れられてきているのだと思います。

 

そこで今回スペイン料理とバゲットの活用について

紹介したいと思います。

「ピンチョス」

スペインの酒場「バル」では定番料理です。

スペインでも日本と同じような居酒屋的な存在です。

スペインでは人が住むところには

「教会とバルが必ずある」といわれるぐらい

バルはスペインのまさしく居酒屋です。

ピンチョスに使うバゲットは基本はバゲットです。

のせる素材に合わせてカット変えると

見た目も美しく仕上がります。

ペーストタイプのピンチョスは①で

生ハムやオリーブなど基本的なピンチョス②で

スペインオムレツやサーモンなど大きな食材は④

⑤バゲットの外側の部分が多くなり香ばしさと食感が

強調されるので焼きこみタイプのピンチョスなどがおすすめです。

 

カットしたら下ごしらえです。

ピンチョスはオープンサンドを

食べやすくした一品料理です。

よってサンドイッチを作る時同様に

パンに具材がエキスでベタベタにならないように

するための下ごしらえが必要になります。

プレジュールではバゲットを毎日焼いています。

当日のバゲットは焼かずにマヨネーズをぬる。

マヨネーズは世界にあり国によって

味わいが変わってきます。

フランス産は酸味が少なくマイルで

卵の旨みが感じられそのままパンに塗っても

しつこくなく美味しく食べられます。

マヨネーズの代わりにクリームチーズで

代用しても美味しくなります。

お好みで具材をのせてキレイに盛り付ければ完成です。

ピンチョス例

・生ハム×アンチョビや

・ジャガイモ、ベーコン、玉ねぎを入れた

スペインオムレツをのせマヨネーズかける。

余った料理や具材でもピンチョスにすれば

立派なバル料理に変身します。

 

更に料理の雰囲気をよりバルにしてくれるのが

スペイン楊枝です。

平たく独特の形状をして、つまみやすくなっています。

 

 

お好みパテやオリーブやピクルス

ドライフルーツやナッツを添えて

スライスしたバゲットに塗ったり、のせたり

する楽しみ方もあります。

ミニココットに入れてお皿に並べれば

より雰囲気がよくなります。

バゲットもゴマのバゲットや

雑穀バゲットなども入れるとより楽しい食事になります。

 

サンドして食べる

メインディッシュサンドイッチ

パテやステーキなどを②の大きさでスライスしたバゲットで

サンドしてフォークとナイフで食べる

上品なサンドイッチ。

 

スペイン料理と言えば

アヒージョ。

というぐらい代表的な料理の一つです。食べやすい大きさにカットしたバゲットを

ひたして食べる楽しみ方です。

本場スペインでは平たい素焼きの土鍋に

オリーブオイル、ニンニク、塩少々、エビやマッシュルーなど

素材を入れて煮た料理が出ます。

タパス(小料理)として定番の料理です。

 

トリハス

スペインのフレンチトーストです。

牛乳、卵、グラニュー糖と基本のフレンチ液に

シェリー酒を少し入れてひたして

オリーブオイルで焼く。

アイスを添えるともう立派なデザートです。

 

バゲット一つでスペンン料理を紹介しましたが

アレンジ次第ではまだまだ

いろんな料理と合わせることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ

Shop Info 当店のご案内

レ・プレジュール

[江端工場]

〒918-8016
福井県福井市江端町3-4-2

工場のご案内へ

江端工場