NEWS プレジュールの最新情報をお届けします。

本日15日春江店イリーコーヒースタート。

コーヒーサービスを始め11年

始めた頃はまだどこにもないサービスで

もの凄い反響がありました。

当時はまだコーヒーショップもそれほどなく

入れたの本格コーヒーはそこまで

普及していませんでした。

カフェなど一杯400円で飲めるぐらいでした。

しかしコンビニでコーヒー100円

これによってコーヒーが

一気に広がったように思えます。

そしてコンビにもできない

プレジュールしかできない

さらなるコーヒー

それが本場イタリアエスプレッソコーヒー

イリーコーヒーです。

 

エスプレッソコーヒーは圧力をかけて

短時間で一気に抽出することで

ドリップコーヒーよりも

カフェインが少なく意外にも苦味が少なく

しかしボディーやコクはしっかりある

コーヒーです。

コーヒーというと焙煎の苦味が

コーヒーと思われること多いですが。

コーヒーはやはり豆の美味しさです。

最近ではドリップコーヒーでも

浅めの焙煎でコーヒーを楽しむことが

広がってきました。

ブルーボトルコーヒーなどです。

コーヒー本来の酸味やフルーティーな味わいを

楽しむコーヒーです。

イリーコーヒーも世界で愛される

トップクラスのコーヒーです。

ゆっくり味わって飲むと

コーヒーとは思えない華やかな香りがします。

もちろん500円以上お買い上げで

コーヒーサービスしています。

カフェスペースもありますので

ゆっくり味わってみて下さい。

 

パンも進化しています。

それは内面的な事への

価値を高めてセントラルキッチを作ったことです。

内面とはパンはもちろん具材まで手作りです。

手作りとは既製品をパンに詰めて焼くことも

手作りいいます。

時には既製品に具材を足して手作りとも言います。

 

しかしプレジュールでは

完全手作りをいいます。

手作りとは毎日大切な人につくるご飯のように

健康面や栄養面も考えて作ることです。

素材からしっかり手作りであることです。

 

そして衛生面です。

作る作業着。もし身内なら異物が入っても多少は許されます。

しかしお客様のパンを作ることは

作業着からしっかり完全防備でやらなければいけません。

 

そして環境です。

作業着だけではいけません。

作る環境もしっかり外気と遮断しなければいけません。

販売と製造を分けた大きな理由です。

最近では良くテレビで話題になっています。

食品を扱う会社は多くお客様が来店されると

必ず考えなければいけない問題になってきました。

作る場所に外部に人との接点が大きな

食品問題を起こします。

プレジュールではこの問題に

真剣に取り組んでいます。

 

この問題は起きてからでなく

起こしてはいけない問題です。

セントラルキッチでは

業者も製造内に入る場合は

靴の履き替え、帽子は絶対着用です。

袋のもの原料表記も絶対です。

 

そして栄養面です。

ショートニング、マーガリンを使わないパン

更に栄養面や低糖質に取り組んだ

雑穀低糖質パン。

 

内面は表面にはでないため中々伝わらないです。

しかしだからいって、やらない訳にはいきません。

これからも見えないこだわりを

真剣に取り組んでいます。

 

 

ページトップへ

Shop Info 当店のご案内

レ・プレジュール

[江端工場]

〒918-8016
福井県福井市江端町3-4-2

工場のご案内へ

江端工場